写真:志水隆(文藝春秋写真部)/ フードスタイリング:中山暢子

産地和歌山県

甘干し四郷柿 氷温熟成

晩秋に収穫した和歌山県産の平核無柿(ひらたねなしかき)を干した後、5ヶ月に亘りじっくりと氷温熟成させた大人のための柿だ。冷凍庫から出すと、しばし霜を纏う。やがて表面が溶けて艶を帯びてくる頃を見計らって口に運ぶ。しゃくりしゃくりとシャーベット状の果肉は、冷たい甘さが舌に心地よい。もう少し時を経れば果肉は冷たさを維持したままとろりとろりと食感を変えて口の中を喜ばせてくれる。ああ、爽やかなこの甘さは未体験の美味しさだ。これにブランデーをかけて食べるともう止まりません。

甘干し四郷柿 氷温熟成
甘干し四郷柿 氷温熟成
甘干し四郷柿 氷温熟成
  • 甘干し四郷柿 氷温熟成
  • 甘干し四郷柿 氷温熟成
  • 甘干し四郷柿 氷温熟成
  • 甘干し四郷柿 氷温熟成
※イメージ写真には、お品物として含まれていないものもございます。
しゃくりとろり

WEB商品番号: B0087

産地和歌山県

甘干し四郷柿 氷温熟成

販売価格
3,240
(消費税率:8%

カートに追加

賞味期間 冷凍で90日
内容量 70g×6個
原材料 和歌山県産平核無柿
到着後の保存方法 冷凍
アレルギー特定7品目 なし

※掲載写真の色味につきましては、モニタやお客様の使用環境により商品の色味、質感、素材感が実物と異なる場合がございます。 あらかじめご了承下さいますようお願いいたします。

こだわり

甘干し四郷柿 氷温熟成
柿は長寿の木。幸せをカキ集める「嘉来」(かき)。喜び幸せが来る特別な縁起物としてお正月に飾るようになった串柿。大切に守っていきたい日本の伝統。
古来より三種の神器とされている、「串柿」は、「剣」を表しており、「餅」は、「鏡」、「橙」は、「玉」というように姿を変え、三種の特別な縁起物としてお正月に飾るようになりました。
また、串柿には数合わせによる家内安全、健康祈願の意味もあります。
甘干し四郷柿 氷温熟成
暑い季節でも「嘉来」がやってくる。Aランクの柿を4ヶ月以上もの時間をかけて氷温熟成することで渋みが甘味となり、 生柿とも干し柿とも違うみずみずしさと完熟柿本来の味を堪能いただけます。凍るか凍らないかぎりぎりの「氷温」。柿は凍るまいとアミノ酸をたっぷりと出してどんどん甘くなります。食べる時には好みの硬さに解凍して。「シャリシャリ」「ねっとり」「とろとろ」アイスクリームやヨーグルトと併せてもおいしい。
表示順: 投稿順 | 参考順 | 評価順
レビュー件数:0件
甘干し四郷柿 氷温熟成

レビューを書く

タイトル

必須

本文

必須

ニックネーム

必須

犬種

任意

犬の年齢

任意

画像

任意
写真を選択
※犬が靴・靴下を履いている写真をアップロードしてください。
noreview
   

『甘干し四郷柿 氷温熟成』をシェア

  • フェイスブックでシェアする
  • pinterestでシェアする
  • ツイッターでシェアする
  • ラインでシェアする

最近チェックした商品 履歴をクリアする