写真:志水隆(文藝春秋写真部)/ フードスタイリング:中山暢子

産地北海道

牛とろフレーク

北海道・十勝の「ボーンフリーファーム」が心血を注いで育てた牛。その牛肉を生ハムと同じ非加熱処理で冷凍フレークにしたのがこの「牛とろフレーク」だ。炊き立てご飯に、凍ったフレークをさらさらと振りかける。肉の一粒一粒がごはんの上でたちまち鮮やかな艶を帯びた紅色に。パクリと口にしたとたん、今まで味わったことのない旨さに驚愕する。牛肉の滑らかな味わいが食欲中枢を揺さぶる。そうか、これはもう生の牛丼なのだ。新鮮な驚きと美味しさにボーっとしてしまった。

牛とろフレーク
牛とろフレーク
牛とろフレーク
  • 牛とろフレーク
  • 牛とろフレーク
  • 牛とろフレーク
  • 牛とろフレーク
※イメージ写真には、お品物として含まれていないものもございます。
未体験の味わい

WEB商品番号: B0069

産地北海道

牛とろフレーク

販売価格
5,400
(消費税率:8%

カートに追加

賞味期間 冷凍で30日
内容量 牛とろフレーク180g×2個
牛とろ丼のたれ20g×5袋入×2袋
パッケージサイズ 幅26.4×奥行き19.4×高さ11.4cm
原材料 牛とろフレーク:牛肉(北海道産)、食塩/発色剤(亜硝酸Na)
牛とろ丼のたれ:しょうゆ、醸造酢、りんご果汁、澱粉(一部に小麦・大豆・りんごを含む)
到着後の保存方法 冷凍
アレルギー特定7品目 小麦

※掲載写真の色味につきましては、モニタやお客様の使用環境により商品の色味、質感、素材感が実物と異なる場合がございます。 あらかじめご了承下さいますようお願いいたします。

こだわり

牛とろフレーク
ボーンフリー十勝スロウフードが大切にしている精神。それは「ボーンフリー」。
人間が命をいただく上でできるだけその命に感謝をしたい。生命体である食べ物をできる限り無駄なく美味しくいただくことが感謝につながると考えます。
食べるということは、いきものが持つエネルギー(=生命力)を体内に取り入れることです。
牛たちが餌としている牧草は、そのままでは私たち人間がエネルギーとして取り込むことのできないもの。栄養たっぷりの牧草を牛が食べ、のびのびと健康に育った牛を私たちがいただく。そうして初めて命がつながり、巡っていきます。
牛とろフレーク
今まで食べていたのは、本当に牛肉なのかメディアや雑誌などでも注目を集め、テレビ放送があるたびに注文が殺到。時期によっては入手困難になることも。
「これが牛肉か?」と思うほど、なめらかでとろける舌ざわり。ホカホカのご飯にのせて頂くのが、生産者の一番のおすすめ。一口頬張ると、牛肉の旨みが溶け出します。やわらかくとろりとした食感がお肉とは思えないほどで、臭みもなく、しつこくないのでご年配の方でもおいしく召し上がっていただけます。
表示順: 投稿順 | 参考順 | 評価順
レビュー件数:0件
牛とろフレーク

レビューを書く

タイトル

必須

本文

必須

ニックネーム

必須

犬種

任意

犬の年齢

任意

画像

任意
写真を選択
※犬が靴・靴下を履いている写真をアップロードしてください。
noreview
   

『牛とろフレーク』をシェア

  • フェイスブックでシェアする
  • pinterestでシェアする
  • ツイッターでシェアする
  • ラインでシェアする

最近チェックした商品 履歴をクリアする