写真:志水隆(文藝春秋写真部)/ フードスタイリング:中山暢子

産地和歌山県

蒸し鮨(ぬくずし)

直径10センチのかわいい容器。穴子、海老、烏賊、帆立貝、銀杏、竹の子、ユリ根などが酢飯の上に美しく鎮座している姿は食べるのが惜しくなる。冬場に温かいお寿司を食べようと江戸時代に考案されたものを和歌山県の日本料理店「笹一」が贅沢にアレンジ。電子レンジで温めた容器からは爽やかな酢の香りが食欲をそそる。一口食べれば、具材に酢飯が絶妙の伴走をする。舌の上に様々な味が次から次へと走り抜ける。手のひらに温かい容器を乗せて食べる楽しさよ。量も丁度いい。

蒸し鮨(ぬくずし)
蒸し鮨(ぬくずし)
蒸し鮨(ぬくずし)
  • 蒸し鮨(ぬくずし)
  • 蒸し鮨(ぬくずし)
  • 蒸し鮨(ぬくずし)
  • 蒸し鮨(ぬくずし)
※イメージ写真には、お品物として含まれていないものもございます。
手のひらの上の幸せ

WEB商品番号: B0065

産地和歌山県

蒸し鮨(ぬくずし)

販売価格
4,482円

カートに追加

賞味期間 冷凍で30日
内容量 200g×4
原材料 米、鶏卵、海老、穴子、いか、貝柱、椎茸、竹の子、生麩、枝豆(大豆)、銀杏、百合根、栗、干瓢、きくらげ、そぼろ、三つ葉、米酢、砂糖、醤油、鰹出汁、味醂、酒、吉野葛、食塩、食物油
到着後の保存方法 冷凍
アレルギー特定7品目 卵、小麦、えび

※掲載写真の色味につきましては、モニタやお客様の使用環境により商品の色味、質感、素材感が実物と異なる場合がございます。 あらかじめご了承下さいますようお願いいたします。

こだわり

蒸し鮨(ぬくずし)
和歌山の老舗日本料理店「笹一」がアレンジ寿司専門店として昭和50年に創業した和歌山笹一。鯖や小鯛などの棒寿司やあせの葉を巻いた「あせ葉寿司」などが有名で、平成22年にはプレミア和歌山推奨品特別賞として鯖棒寿司が選ばれました。
蒸し鮨(ぬくずし)
電子レンジで温められます。粗切りの穴子としいたけ煮を混ぜ込んだシャリに、エビやイカ、焼き栗を盛りつけた具だくさんな一品です。2ヵ月熟成させた特製だれと、酢の酸味が絶妙。電子レンジや蒸し器で温めるだけで、気軽に食べられるのも魅力です

『蒸し鮨(ぬくずし)』をシェア

  • フェイスブックでシェアする
  • pinterestでシェアする
  • ツイッターでシェアする
  • ラインでシェアする

最近チェックした商品 履歴をクリアする